« 目の前の真実に気付けるか | メイン | 無言 »

2013年7月30日 (火)

やさしさを広げる

Imgp0002

~今日のビジョン~

※長渕剛さんが出て来られて、

「やっぱり、広島の歌は違う」と言われていた。

※同級生だ田○澤雄くんや松本人志さんなどの姿。

骨のある男子学生が集まっていた。

**********

「長」

(一)「①ながい。㋐時間が長い。久しい。㋑距離が長い。遠い。㋒物の長さが長い。

㋓奥行きが長い。深い。㋔大きい。また、多い。㋕さかんである。㋖背たけが長い。

②ながく。とこしえに。永久に。③ながくする。ひき延ばす。また、ながくなる。伸びる。

④たけ。せたけ。身長。」

(二)「①としかさ。年うえ。㋐兄。姉。㋑年長者。また、おとな。成人。

②めうえ。地位・身分が上の人。③おさ。かしら。㋐長男。総領。㋑首領・首長。

㋒君主。領主。諸侯。㋓長官。㋔多くのなかで最もすぐれたもの。④ちょうずる。たける。

㋐生いたつ。生長する。また、育てる。おとなになる。成人する。㋒老いる。老年になる。

㋓年上である。㋔すぐれる。まさる。また、さかんになる。㋕ます(増)。多くなる。

⑤たっとぶ。また、たっとい。⑥もと。おおもと。物事のもと。⑦さき。先頭。」

「渕」

「①ふち。水を深くたたえている所。川などの、特に深くなって水をたたえている所。

②物の多く集まる所。③ふかい。④しずか。ひっそりしている。」

「剛」

「①つよい。かたい。こわい。②気性などがはげしい。③たちきる。

④陰陽の陽の性質。また、その性質を有すること。昼・雄・奇数など。

⑤あたかも。まさに。いましがた。」

「澤」

「①さわ。㋐つねに浅く水にひたっている所。浅く広い池や沼。㋑草木のしげっている湿地。

谷間や湖沼や大河の付近にあることが多く、また、広大な地域にわたっているものもある。

②つや。ひかり。③うるおす。㋐ぬらす。しめらせる。㋑めぐむ。恩徳をほどこす。

④もてあそぶ。⑤もむ。こする。⑥扶持。俸禄。」

「雄」

「①おす。お。生物の雄性の総称。②かつ(勝)。また、かち。③まさる。すぐれている。

また、すぐれた者。英雄。頭目。④おおしい。いさましい(勇)。強い。また、おおしさ。強さ。

⑤さかん。さかんなさま。」

「松」

「まつ。常緑の高木。葉は針状。姿が男性的で樹齢が長く、その葉が色を変えないことから、

人の節操・長寿・繁栄などの象徴とされる。」

「本」

「①もと。㋐ね。ねもと。草木の根。㋑物事の大切な部分。かなめ。中心。

㋒はじめ(始)。おこり。みなもと。㋓もとい(基)。土台。㋔心。本性。

㋕農業。国の本となるもの。㋖もとで。

②もとづく。もととする。もとをたずねる。③正しい。主要な。本来の。

④ある語の上にそえて、この・その・当などの意味を表す接尾語。⑤書物。書籍。

⑥草木の数をかぞえる語。⑦書物を数える語。」

(国)「ホン。㋐原本。㋑手本。模範。㋒ほんとう。真実。」

「人」

「①ひと。㋐にんげん。人間。㋑たみ。人民。庶民。㋒他人。㋓りっぱな人。すぐれた人物。

㋔つまらない人。凡人。小人。㋕目下の人。けらい。

②ひとがら。ひととなり。性質。人品。③ひとりびとり。人ごとに。④ニン。人を数える語。」

「志」

「①こころざし。心の向かうところ。意向。目的。めあて。

②こころざす。心を向ける。目標をたてる。

③しるす。㋐おぼえる。記憶する。㋑書きしるす。記録する。また、その記録。

④しるし。㋐めじるし。㋑旗。のぼり。⑤文体の一種。記録文。⑥イギリスの貨幣単位。

シリング「shilling」の略音訳。」

(国)「こころざし。㋐厚意。親切。㋑お札や感謝の意を表すための贈物。」

~漢語林より抜粋~

**********

よく分からないので、「広島の歌」で検索をしたら、

広島市のHPに「広島の歌」というのがありました。

2001年にグランプリが決まっています。

グランプリは当時小学校3年生の女の子の「アオギリのうた」という歌です。

被爆アオギリという樹をモチーフに作られた作品です。

詩を読むだけでも、やさしさが伝わってきて、心があたたかくなります。

ちなみに「アオギリ」は、中国では鳳凰が止まる木と言い伝えられているそうです。

ビジョンに出て来た男子学生は、骨のある気質の人達というイメージでした。

「剛」「雄」「松」と、出て来た3人の人の名前には、

男性の性質を表す字や、「さかんである」といった意味の字が入っています。

以前にも、骨太の若い男性達の姿が出て来ていますが、

そのような人たちのエネルギーを戦いや争いに注ぐのではなく、

持てあますほどの熱いパワフルなエネルギーを、別の形に有効に活用出来るように

根本的なところから、見つめなおしていく必要性があるの感じました。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。