« やさしさを広げる | メイン | 自然環境と食物連鎖の陰で »

2013年7月31日 (水)

無言

Imgp0016

~今日のビジョン~

※真っ白い紙に、墨を付けた筆を中心に置いて円を描き、

「ブッダがここにいて、周りには言葉が何もない」と説明をしていた。

傍にいた人達はおしゃべりに夢中で、

全くその言葉も、その意味も届くことなく、私の存在にすら気付かない様子だった。

その人達にいくら説明をしたとしても、

到底理解するには及ばないということが分かったので、やめた。

**********

すごくシンプルなことや、分かりやすく見える形に表したことでも、

頭の中がおしゃべり(理屈)でいっぱいの人には、

伝わるものも伝わらないことを意味していて、

無駄なエネルギーを消耗するだけだということでしょう。

実際に、言葉や表向きの形や姿だけで、

その奥にある深い意味や真実を掴もうとしない人に対して、

私は無理に伝えようとか、分かってもらおうとはしません。

自然に口に出ることは言葉にし、出ない時はそのままです。

ちなみに、ここでは「ブッダ=お釈迦さん」のことではなくて

「悟りを開いた者」「解脱した」という意味でのブッダを表現しています。

「何も言葉がない」とは、おしゃべりをしていた人達を比較対照としてあることから、

無我の境地を表しているのでしょう。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。