« 自然に適ったはたらきを知らせる女神 | メイン | 温故知新 »

2013年7月23日 (火)

畑に顕現する神のはたらき

Imgp0033

~今日のビジョン・メッセージ~

※「下照姫」と何度も浮かんで目が覚めた。

※イメージは残っているのに、顕在意識で説明しようとすると出来ない。

とにかく、楽しい雰囲気だったことは覚えている。

**********

ここで、「下照姫」として祭られている神さまが、

一連の女神であるということが知らされたのでしょうか。

それは、関係のない神名と同じ神だとされているものと完全に区別をし、

逆に世に知られていない隠されていたはたらきがあることを、

この数日間、継続して示して来られたのではないでしょうか。

「大地を照らし、いのちを育む母なる神」

それは、「縁の下の力持ち」のような、目立たないはたらきともいえます。

これからの時代には、顕在するはたらきとなるかもしれません。

自然に適った生き方を実践すれば、それなりの結果が得られるということでしょう。

神の加護は常にあるのに、人は都合のいい所だけを受け取りがちで、

その本質には気づきにくいものですが、

当たり前のように錯覚している日常の中の、隠された奇跡が見えるようになると、

自然と内から感謝と喜びが湧き出て来るのです。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。