« 中心核から全体へ | メイン | 天と同調する »

2013年7月 9日 (火)

自然の教え

Imgp0001

~今日のビジョン~

※食に関する建物。

目には見えないが、100階以上あるのが分かる。

何も壁が無い感じで、身体がエレベーターに乗っているような感覚で上昇していく。

コンテストのようなものが行われる様子。

8組、16人のペアで参加。

私は自適さんと参加していた。

それらに順位を付けたり、表彰するということはない様子で

みんな楽しみつつも真剣に料理をしていた。

私たちは自分たちの育てた野菜を使って、

カットした野菜を寒天で固めて丸いドーム型のものを作っていた。

寒天の中から野菜たちが見える夏らしく涼しげな感じのもので、

美しく仕上がった。

そのオリジナルメニューに、審査員の人が、

ちょっとだけ、中の野菜のカーブが斜めになっていると指摘はされたが、

それ以外は言うことなしで、味見をすると絶賛された。

※明石家さんまさんの姿。

**********

「杉」

「すぎ。スギ科の常緑高木。幹がまっすぐで、建築材料となる。」

「本」

「①もと。㋐ね。ねもと。草木の根。㋑物事の大切な部分。かなめ。中心。㋒はじめ(始)。

おこり。みなもと。㋓もとい(基)。土台。㋔心。本性。㋕農業。国の本となるもの。

㋖もとで。②もとづく。もととする。もとをたずねる。③ただしい。主要な。本来の。

④ある語の上にそえて、この・その・当などの意を表す接頭語。⑤書物。書籍。

⑥草木の数をかぞえる語。⑦書物を数える語。」

(国)「ホン。㋐原本。㋑手本。模範。㋒ほんとう。真実。」

「高」

(一)「①たかい。㋐位置がたかい。上にある。㋑たけがたかい。

㋒身分・年齢・価格・素質・人がらなどが上位にある。㋓けだかい。俗界を超越している。

また、そのような人。㋔名高い。世間に聞こえる。あらわれる。㋕盛大である。さかんになる。

②たかくなる。たかまる。位置・たけ・身分・年齢・価格・素質・評判等が上になる。

また、たかめる。③たかいとする。㋐尊ぶ。敬う。㋑たかぶる。いばる。④敬意を表すことば。」

(二)「たかさ。高低の度合い。」

(国)「たか。㋐分量。程度。㋑物価のあがること。」

「文」

(一)「①あや。模様。かざり。いろどり。外見の美。外面的装飾。②あらわれ。現象。

③すじ。すじみち。④のり。法律。礼儀。⑤もじ。文字。⑥ことば。語句。文句。

⑦ことばをつづって、まとまった意味を表すもの。特に文章をいう。

⑧ふみ。書いたもの。文書。書物。手紙。⑨学問。芸術。道徳文化。

⑩よい。美しい。みやびやか。⑪仁徳。めぐみ深い徳。」

~漢語林より抜粋~

**********

今日は、食に関することです。

「さんま」も、食べ物と言えますが・・・。

さんまさんの本名からは、

「杉=建物」「本=農業」「本=人間の本となる=食」

「高=建物の高さ」「文=いろどり、美しい=料理」

などがビジョンと繋がります。

自分たちの手をかけて作る野菜が、精神や肉体を作る本となっていて

それが、見た目(手間をかけること)が美しいとして評価され、

味も、化学肥料や農薬を使わないので、絶賛されたということでしょう。

それも、楽しく気持ちのよい波動で作られているから、尚更だということでしょう。

面倒くさいとか、手抜きとか、そういう思いが入っていないことも

大事だということですね。

食べた残りも、ゴミに出すのではなく、また畑に返し、土に帰って、肥しとなり、

無駄のないサイクルが出来上がっています。

これは、現実とリンクしているので、それが認められているということなのでしょう。

ちょっと、人参が・・・というのも、面白いですね。

完璧ではなくても、大丈夫ということです。

実践してみなければ、分からないことがたくさんあって、

自然から楽しく学べるものです。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。