« 自然の教え | メイン | 自然の意向 »

2013年7月10日 (水)

天と同調する

2011013019190000

~今日のビジョン~

※天波さんの名前に意味があるというメッセージ。

※瀬○歩美ちゃんと一緒に移動しながら何かをしていたが

内容は覚えていない。

**********

「天」

「①あめ。あま。空。②天体。また、その運行。③太陽。日。

④宇宙の主宰者。造化の神。造物主。⑤自然。無為自然の道。

⑥君。帝王。⑦父、または、夫。⑧時節。気候。⑨ひ。にち。⑩運命。めぐりあわせ。

⑪生まれつき。性。⑫世の中。境遇。⑬易では乾の卦にあてる。

⑭(仏)天上界に住む神々。また、その神々が住む霊妙な世界。

梵語 deva または sura の音訳。」

(国)「あめ。あま。日の神。また、天地創造の神の住む所。」

「指事。甲骨文でよくわかるように、人の頭部を大きく強調して示し、

うえ・いただき・そらの意味を表す。」

「波」

「①なみ。㋐小さな波。㋑なみの総称。㋒なみ状のもの。②なみだつ。波が起こる。

③うごく。波のように動く。波のように伝わる。」

「形声。氵(水)+皮。音符の皮は、毛がわの意味。

毛皮のようになみうつ水、なみの意味を表す。」

「博」

「①ひろい。㋐ゆきわたっている。㋑広く通じている。㋒おおきい。㋓おおい(多)。

②ひろめる。ひろまる。③ひろさ。はば。④える(得)。とる(取)。

⑤すごろく・囲碁・ばくちの類。また、それをすること。⑥かける(賭)。」

「形声。十+尃。十は、四方の意味。音符の尃は、田のなえを広く植えるの意味。

ひろいの意味を表す。」

「文」

(一)「①あや。模様。かざり。いろどり。外見の美。外面的装飾。②あらわれ。現象。

③すじ。すじみち。④のり。法律。礼儀。⑤もじ。文字。⑥ことば。語句。文句。

⑦ことばをつづって、まとまった意味を表すもの。特に文章をいう。

⑧ふみ。書いたもの。文書。書物。手紙。⑨学問。芸術。道徳文化。

⑩よい。美しい。みやびやか。⑪仁徳。めぐみ深い徳。」

「瀬」

「①あさせ。砂石の上を水の流れる所。㋑はやせ。急流。」

(国)「せ。㋐川などの歩いて渡れるほどの浅い所。浅瀬。㋑事に出あう時。おり。場合。

㋒その場所。たのみ所の意。」

「歩」

「①あるく。あゆむ。足で進む。また、前進する。②あゆみ。歩き方。③めぐらせる。

④たずねる。たずねまわる。⑤なりゆき。まわりあわせ。運命。また境遇。立場。

⑥おしはかる。天体の運行をおしはかる。

⑦長さの単位。㋐ひとあしの長さ。片あしのふみ出す長さ。㋑ふたあしの長さ。

⑧面積の単位。⑨みぎわ。⑩波止場。」

(国)「①ブ。㋐つぼ(坪)。六尺四方の地。㋑わりあい。率。口銭。

㋒利率の単位。一割の十分の一。㋓度合い。程度。②フ。将棋のこまの一。」

「美」

「①うまい。おいしい。②うつくしい。うるわしい。きれいである。器量がよい。

③よい(善)。りっぱ。すぐれている。④よみする。ほめる。⑤よくする。うつくしくする。

りっぱにする。⑥よいとする。うつくしいとする。うつくしいと認める。」

~漢語林より抜粋~

**********

「天」=「②天体。また、その運行。⑩運命。めぐりあわせ。⑫世の中。境遇。」

「歩」=「⑥天体の運行をおしはかる。⑤まわりあわせ。運命。また境遇。」

「波」=「毛がわのようになみうつ水。」

「瀬」=「はやせ。急流。」

「文」=「よい。美しい。」

「美」=「よい。うつくしい。」

「天」と「歩」、「波」と「瀬」、「文」と「美」には、共通する意味があるのが分かります。

天波さんの名前をシンプルに訳すと、

「天からの波がことば(文)によって広がる」となりますが、

歩美ちゃんの名前と組み合わせると、

さらに深い意味が込められているような気がします。

「天の運行をおしはかり、めぐりあわせによって、事に出あうとき、

小さな波が世の中に大きく広がる現象が起こる」

となるでしょうか。

一歩一歩の小さな歩みが、

いずれは大きな軌跡とも成り得るということかもしれませんね。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。