« 2015年5月 | メイン | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

宇・舎(いえ)原・本(もと)

D14

~6月28日のメッセージ~

※自適さんの姿がぼんやりとあって、「書くか するか」との言葉が伝えられて来た。

「書くか するか(パソコンに書き込むこと)」は、どちらかを選択するというものではなく、

情報が伝達された瞬間には、既に発動しているものであり、

言葉と行動が、同位体であるとの様な意味が示されて来た。

※ハンガーに掛けられた私の服が、何着も並べて置いてある。

そのどれもに、ベージュ色の上着が掛けられて覆われていた。

※「いえもとに」と言葉が聞こえたので、

書道や茶道をを習いに行くという意味かと思って、イメージを巡らせていたら、

そういう意味ではないことが伝わって来た。

※「後継ぎはいない」と言われた。

**********

「書くか するか」とは、「御稜威」とは、どのようなものであるか、

その仕組みが伝えられて来たことが窺えます。

*****

私の服に、全てベージュ色に覆われていたのは、

ベージュ=染めていない羊毛そのものの色ということで、

「何ものにも染まらずに」ということを表しているようです。

「いえもと」は、現実に何かを習いに行くということでは無かったので、

「いえもと」の漢字にヒントがあるのでしょう。

「何ものにも染まらずに」が正しければ、

「家元」だと、茶道や華道などの習い事は、ある意味で、

その流派や作法に染まることになるので、逆の行為になるので、

そう意味ではないということは、よく分かります。

**********

「舎」

「①いえ。や。㋐建物。家屋。やしき。すみか。㋑仮に設けた家。また別邸。②やど。やどり。

㋐やどる。旅館。㋑いどころ。㋒星座。④やどる。やどす。とまる。とどまる。⑤おる。いる。

⑥私。自己の謙称。」

「形声。口+余。口は、ある場所を示す。音符の余は、のびやかの意味。

身心をのびやかにして、やどるの意味を表す。」

「宇」

「①のき(軒)。ひさし。のきば。②いえ(家)。また、屋根。③天地四方。無限の空間。

④天。空。⑤ところ。あたり。⑥心。魂。精神。器量。」

「形声。宀+于。音符の于は、弓なりに曲がってまたがるの意味。

家屋の中で、またぐように覆う部分、のき(軒)の意味を表す。

「原」

「①もと。㋐みなもと。㋑はじめ。おこり。㋒もともと。元来。②もとづく。

③たずねる。物の根元をたずねる。④はら。広くて平らな土地。⑤ゆるす。罪をゆるす。

⑥すなお。きまじめ。つつしむ。」

「会意。厂+泉。厂は、がけの意味。泉は、いずみの意味。

がけ下からわきはじめたばかりの、いずみの意味から、みなもとの意味を表す。

源の原字。また、遃に通じ、高く平らな土地、はらの意味を表す。」

「本」

「①もと。㋐ね。ねもと。草木の根。㋑物事の大切な部分。かなめ。中心。㋒はじめ(始)。

おこり。みなもと。㋓もとい(基)。土台。㋔心。本性。㋕農業。国の本となるもの。

㋖もとで。②もとづく。もととする。もとをたずねる。③ただしい。主要な。本来の。

④ある語の上にそえて、この・その・当などの意を表す接頭語。⑤書物。書籍。

⑥草木の数をかぞえる語。⑦書物を数える語。」

~漢語林より抜粋~

**********

イメージに当て嵌まるのは、

「舎(いえ)」「宇(いえ)」「原(もと)」「本(もと)」でした。

「宇」を「いえ」と読むのは、今まで気付きませんでしたが、

「宇」であれば、ハンガーの形が「宀」に似ているのも、

ユーモアがあって私としては、納得出来ますね~。smile

要するに、いろんな色に染まらず飾らず、

源=魂の本質を全面・表に出して行けばいいということでしょう。

さらに、ベージュの下の様々な色や柄は、

今までの人生経験で積み重ねてきたオリジナルのものであり、

それに対して「後継ぎはいない」という言葉が齎されたのではないでしょうか。

2015年6月27日 (土)

新しい物差しと印鑑

Img_1391_2

~6月27日のメッセージ~

※軽装で、子供達と新型の乗り物に乗って、

身心共にリラックス出来るような山の上の場所に向かっていた。

※文房具店に行って、新しい物差しと印鑑を探していた。

**********

今日のメッセージと、今日観た「トゥモローランド」という映画の内容と、

重なる部分が多かったです。

軽い装いで、身に着けるものも少ない。

物差しは、人類が初めて使った計器で、物事を測る基準となるもので、

線引きの意味にも使われます。

印鑑は、認証の印であり、契約や信頼、責任の表れであり、重要なものです。

新たな基準が設けられるということかもしれません。

未来を創造する人達の世界が拡がります。

2015年6月26日 (金)

心の休まる場所

Img_1227

Img_1234

~6月26日のメッセージ~

※鯖や鯵の青魚、花がある「オアシス」というようなイメージのする建物の中にいた。

そこは、女神の館という感じで、いづみちゃんの姿があった。

※年輩の男性がたくさん乗っている列車の車両が一台、駅に停まっている。

そこへ後から若い男性ばかりがたくさん乗っている車両が一台追い付いて、合流した。

*********

青魚が強調されたのは、青=水=青龍のイメージで、

花があるのは、癒しのエネルギーが表されているのでしょう。

いづみちゃんは、「泉」=「源」を表しているのでしょう。

*****

男性と列車の様子は、今まで先人が築いて来た道(レール)を

若い人たちが、受け継いで追い付いて来たということでしょう。

これから更に前に出て、先頭車両として進み始めるのかもしれませんね。

*****

さらには現在の、私の内の男性性と女性性を表しているとも、言えるでしょうね。

精神的なものと、行動が示されているようです。

2015年6月 6日 (土)

身霊(みたま)の居所

Img_1011_3

~6月6日のメッセージ~

※中学か高校か、学校にいた。

①生徒達が映画の撮影をしていた。

低俗でがっかりするような内容。

②谷本勝○先生が、教室の外からカギをかけて回っていた。

私は教室の中にいたが、中から開けようと思えば開くので、そのままじっとしていた。

③自適さんと私が、制服を颯爽と着こなし、

学生達に紛れて校庭の小高い丘の上を散策していた。

そのうち、生徒達が少しずつ私達の存在にに気付き始め、

目立ちそうになったので、もう帰宅しようと移動始めたところで、

その小高い丘の上に階段を上って来られた安倍総理。

植樹祭のような事を行うとのことで、苗が目の前に大きく現れた。

苗は50センチほど真っ直ぐに伸びた豌豆(エンドウ)の苗。

私は見てすぐに、「化学肥料で育てられていますね。」と言った。

さらに苗をじっと見ていると、うっすらと色の付いた液体が付着しているのが見えて、

私が「農薬がかけられていますね。」と言うと、

「当たり前でしょう。こういうのは、見た目が大事なんですから。」

という答えが返って来た。

私は、「人間を育てる教育の場での植樹(植苗)にはふさわしくないですね。」と言った。

**********

実際に学生服を着ていたら、別の意味で注目を集めるでしょうけど・・・eye

今回はあくまで象徴なので、尊敬の眼差しが浴びせられているのを感じていましたconfident

「なぜ、豌豆?」と思いましたが、メンデルの法則に関連付けられているようです。

遺伝学には、とても興味があります。

今年は、たくさんのえんどう豆を収穫することが出来て、

美味しくいただきました。

化学肥料も農薬も一切使わず、

暗がりで懐中電灯を手にし、

私の場合は手袋をつけ、手でナメクジやヨトウムシなど、

取り除く作業を怠らずに続けたことで、

何とか収穫出来たというのが実際のところです。

かなり益虫と呼ばれる天敵も増えつつありますが、

まだまだ追い付かない状態ですね。

天敵だけで自然の循環に任せるだけでいいのなら、いいんですけど・・・。chick

オーガニック野菜といえば、地球にも人にも

やさしいイメージですが、

昔は居なかったような種類のものも、

外国から入って来て、今まで以上に勢いよく食害をする虫や、

農薬に耐性を持つ、去年までは目にした事も無いようなカメムシなど、

たくさんの種類が出没するようになりました。

天然の除中剤を作っても、限界があります。

他の畑で農薬によって追われて来た虫は、

無農薬の畑を目指してくるので、ますます厄介ですよね。

農薬を使ってしまえば、夜間にまで虫をやっつける作業をする手間は省けて、

肉体的にも精神的にも楽になることは分かっていますが、

それはしていません。

やはり、それは見た目の悪い虫食いの葉っぱや実でも、

化学肥料や農薬を使用したものとは、

味も質も格段の差があり、それはもう、今まで口にした事の無い味に触れています。

私の大好きな苺も、スーパーで美味しそう(苦味がある)でも我慢して、

自分の畑のものをいただきましたが、ほとんど虫食いでジャムに変身。

完熟まで、少しの虫食いで終わった物を口にしたとき、

私の舌も脳も、どこまでも増していく甘みに、

「ちょっと、待って待って」と、一瞬何が起こったのか分からないような感覚になりました。

それほどの甘い苺に出会ったことはありません。

しかも、味の良さだけではなく、私の身体はアレルギー反応で判断するので、

安全であることは間違いないです。

ですから、私の投げかけた言葉というのは、「見た目も大事」かもしれないけれど、

「中身はもっと大事」ということを伝えたかったのでしょうね。

**********

「谷」

「①たに。や。㋐山と山の間の細い流れ。谷川。㋑山と山の間のくぼみ。㋒くぼち。みぞ。

②みち。径路。通路。③きわまる。ゆきづまる。④やしなう。育てる。」

「本」

「①もと。㋐ね。ねもと。草木の根。㋑物事の大切な部分。かなめ。中心。㋒はじめ(始)。

おこり。みなもと。㋓もとい(基)。土台。㋔心。本性。㋕農業。国の本となるもの。

㋖もとで。②もとづく。もととする。もとをたずねる。③ただしい。主要な。本来の。

④ある語の上にそえて、この・その・当などの意を表す接頭語。⑤書物。書籍。

⑥草木の数をかぞえる語。⑦書物を数える語。」

(国)「ホン。㋐原本。㋑手本。模範。㋒ほんとう。真実。」

「勝」

「①たえる。よくする。できる。こらえる。②かなう。③あげて。ことごとく。残らず。

①かつ。敵にうちかつ。また、かち。②まさる。すぐれる。また、すぐれたこと。すぐれた所。

③さかん。」

~漢語林より抜粋~

**********

「本当にすぐれているものは、谷をもととし、そに身を置く」となります。

山の頂上に身を置く内閣総理大臣・日本のトップが登場し、

「見た目が大事である」と断言する人物像として示されたのは、

現在の日本の教育現場では、

中身・精神を育てるまでに至っていないとうことの表れなのかもしれません。

「谷」は、山とは反対に低く目立たない場所にあります。

谷は「陰陽の本・根源・道」に通じるもので、「やしなう・育てる」という意味もあります。

「谷・本」に身を置き、「そこから決して出ないように」とのことでしょう。