« 善に通じるものはかなう | メイン | 二つのタオが一つに »

2015年8月16日 (日)

新しいlog構造

Img_1843

~8月16日のメッセージ~

※自然の中に在る大型のログハウスのような建物の中にいた。

1棟だけではなく、別棟にも渡り廊下で繋がっていた。

私が管理を任されているらしかった。

中年の男性客が訪れて、「麻(あさ)の仕事をしているものですが。」と挨拶をされた。

私は別の用事をしていて手が離せず、バタバタしていると、

自適さんが「早く対応して、食事を出すように」と促された。

別棟は宿泊施設になっているようで、4、5人の年輩男性たちの姿があった。

人数をチェックして、料理の準備に取り掛かろうとしていた。

ログハウスの上階は、自宅部分になっているようで、

上階には自分の子供や、子供の同級生たちが数人泊まりに来ていた。

新垣結衣さんの姿。

**********

「新」

「①あたらしい。あらた。②あたらしくする。あらためる。あらたまる。③あたらしいものごと。

また、近ごろ。④あらたに、㋐はじめて。㋑・・・したばかり。・・・して間もない。」

(国)「あら。にい。語の上につけてあたらしい意を表す。」

「垣」

「①かき。低い土地。②役所。③星の名。④(国)かきね。」

「形声。土+亘。音符の亘は、周囲にかこいをめぐらせた形にかたどり、めぐらすの意味。

城にめぐらした「かき」の意味を表す。」

「結」

(一)「①むすぶ。ゆう。㋐糸やなわをつなぐ。また、むすびめをつくる。

㋑つなぐ。物をつなぎあわせる。㋒たばねる。㋓しめくくる。まとめる。

㋔集める。集まる。組をつくる。同盟する。㋕かまえる(構)。組み立てる。

㋖約束する。ちぎる(契)。㋗こり固まる。㋘気がふさぐ。㋙草木の実がなる。

㋚終わる。完了する。②むすび。㋐むすびめ。㋑終わり。」

(二)「①つなぐ。②もとどり。髪の毛を頭の上で束ねたところ。」

(国)「ゆい。労力をたがいに貸し合うこと。また、その人。」

「形声。糸+吉。音符の吉は、緊に通じ、しっかり占めるの意味。

糸をしっかりむすびあわせるの意味を表す。」

「衣」

(一)「①ころも。きぬ。㋐上着。腰から上の着物。㋑きもの。衣服。㋒式服。晴れ着。

㋓けさ。ころも。僧の着る法服。②つつみ(包)。また、おおい(蔽)。

㋐器具をおおいつつむもの。㋑体の一部をおおうもの。㋒羽・皮・苔など外部をおおうもの。」

(二)「①きる(着)。着せる。②おおう(蔽)。③おこなう(行)。身に付ける。服行。」

~漢語林より抜粋~

**********

2013年の6月にも、新垣さんの姿が出ていて、以下のように記しています。

【新しく結びが始まるという意味が現れています。

糸が結ばれ、新しい衣(布)が織り上がっていく様子が浮かんできます。】

今回は、この衣の意味が、「麻(あさ)」であり、

麻の波動の次元にまで上昇し、どこまでも拡がって行くことが示されているようです。

麻は、それだけ浄化力が強く、多様性を持っています。

これは、布を身に着ければいいという意味ではなく、

神聖な麻で祓い清め、麻布を身に纏ったような状態を、その瞬間だけではなく、

日常生活で保持できているかどうかでしょう。

新たな世の基盤をを築いていく人々が、麻のマークのように、

どこまでも広がっていくイメージが湧いてきます。

空海さんの四国88ヶ所に秘められた思いと、

連動していることが、私には感じられます。

私が四国に導かれ、天に身を任せ無我夢中で行動したことが、実を結び、

現象界に拡がることが示されているようです。