« 彼岸のメッセージ | メイン | 育むことで成長する »

2015年10月10日 (土)

一人前の船出

Imgp0035

~10月10日のメッセージ~

※夕方、車をある敷地に停めて、

人家が連なる通りを、自適さんの後を歩いて、どこかへ向って行った。

歩いている間に、次第に周りは暗くなり、日が暮れて行った。

着いた先は港で、祭りが行われている様子。

漁師の男性が3人ほど同じ角度で一列に並んでいる。

そして、それぞれカメラマンが一人の漁師に対して、一人ずつカメラを構えていた。

自適さんも同じように、その隣に並んでカメラを構えて、

知り合いの男性の姿を撮影しようとしていた。

すると、その人は漁師の人達とは、別の角度で立ち位置がずれていて、

顔もニヤけた表情で、未だ一人前になっていないらしく、撮影をすることは出来なかった。

ゲートの中には翌朝出港する船に乗る大勢の人達が、

港で一泊する様子が見えた。

私達は、ゲートの外の見送りの場所にいて、出港する船には乗らず、

自宅に帰ることになっていた。

※同級生の原○康弘くんが、自宅の中に入って来て、

何かの作業をしていた。

※「邦」の名前の付く人が二人登場。

私達に、新たに土地を与えようかと検討している様子。

※**********

「港」

「みなと。入り海または入り江になっていて、舟が泊まるに適した所。舟着き場。②ふなみち。

舟の通る道。③分流。分かれて流れる小川。」

「湊」

「①あつまる。水が集まる。②物や人の集まる場所。③みなと。舟の集まる場所。舟着き場。

④おもむく。向かう。至る。⑤膚のきめ。」

「形声。氵(水)+奏。音符の奏は、両手を寄せて物をおしすすめるの意味。

水が寄ってくる所。みなとの意味を表す。」

「邦」

「①くに(国)。㋐大国。㋑広く、国をいう。㋒諸侯の領地。㋓みやこ。城郭で囲まれた地域。

④天下。②くにする。封ずる。」

(国)「他の語の上について、【わが国の】という意味を表す。」

「形声。阝(邑)+丰。音符の丰は、封に通じ、盛り土して長く築いた境界の意味。

協会のきめられた領地、くにの意味を表す。」

「原」

「①もと。㋐みなもと。㋑はじめ。おこり。㋒もともと。元来。②もとづく。

③たずねる。物の根元をたずねる。④はら。広くて平らな土地。⑤ゆるす。罪をゆるす。

⑥すなお。きまじめ。つつしむ。」

「会意。厂+泉。厂は、がけの意味。泉は、いずみの意味。

がけ下からわきはじめたばかりの、いずみの意味から、みなもとの意味を表す。

源の原字。また、遃に通じ、高く平らな土地、はらの意味を表す。」

「康」

「①やすい。やすらか。やすんずる。②丈夫。たっしゃ。すこやか。③やわらぐ。仲が良い。

④楽しい。楽しむ。⑤大きい。⑥五方に通ずる大きな道。⑦むなしい。からっぽ。」

「形声。米+庚。音符の庚は、両手できねをもちあげ脱穀するさまにかたどる。

米は、こぼれ落ちるもみの形にかたどる。実りが多くて安楽の意味を表す。」

「弘」

「①ひろい。②ひろめる。ひろまる。③おおきい。」

「形声。弓+ム。音符のムは、宏に通じ、ひろいの意味。

また、弓を強くはじいたときの擬声語でもある。弓の音響がひろまるの意味を表す。」

~漢語林より抜粋~

**********

「港」「泊」「祭」がテーマで、自適さんへのメッセージと連動しています。

「夜」の世界だったので、夜明け前という意味もあるのでしょう。

翌朝、出港する船に乗り込むために港で夜を明かす人々は、

一人前、自立している人々で、それぞれの役割を果たすべく、

出港する(動き始める)ことを意味しているようです。

「みなと」には、「港」と「湊」とありますが、

「湊」には、「人や舟が集まる」「至る」意味があり、

「港」の、「分流」「分かれて流れる小川」という意味は、

港から出発する人は、それぞれの役目に合った舟に乗り込み、

役割を果して行くという意味でしょう。

私と自適さんは、自宅に帰ることになっていて、

その後の場面には、「原○康弘」くんが、登場しています。

以前は、姿は見えず「名前」だけで登場しています。

自宅の意味は、源であり、

此処(自宅・源)に泊る事で、実り多き安楽の状態(エネルギー)が、

そこから五方にひろまるということになります。

新たな土地を、与えようとする「邦」の意味する処は、

新たな「国づくり」が始まることが、予見されます。

そのはたらきを実践する人が、港から出発する人々の姿だったのではないでしょうか。