« 神も喜ぶ穀物 | メイン | 天の差し示すもの »

2016年3月24日 (木)

王(玉)+見

~3月24日のメッセージ~

※和田アキコさんの姿。

スタジオでリハーサルが行われている様子。

私はガラス越しに隣の部屋にいた。

そして、壁側にA3ぐらいのサイズの写真が、何十枚も重ねて立てかけてある中から、

現在着用している衣装と同じ姿の写真を選び出して、

本人の姿と照らし合わせながら、その写真を一番手前に出していた。

小花柄のワンピース姿で、女性らしく、とても爽やかな笑顔の写真だった。

他にも何人かの姿が在り、

私はリハーサルの衣装の姿と同じ衣装を着用した写真を選ぶ作業をしている人だった。

※2人ずつペアで長い列になっていて、私の意識もその列の中に在った。

私の左側には、40~50歳ぐらいの男性が位置していた。

前の方にいた人がふっと吸い寄せられるように振り向き、その男性の方を見ると、

「うわ~男前」と言い、他の人も振り向いて見ていて、

女性からだけではなく、男女共に、とても評価が高かった。

**********

「和」

(一)「①やわらぐ。なごむ。なごやか。やわらぎ。㋐おだやかになる。なごやかになる。

㋑仲よくなる。仲よくする。気が合う。②やわらげる。おだやかにする。③のどか。うららか。

④ほどよい。行き過ぎも不足もない。⑤車の軾につけて調子をとる鈴。⑥と。・・・とともに。

⑦二つ以上の数を加えて得た値。」

(二)「①こたえる。応ずる。調子を合わせる。②まぜ合わす。調合する。あえる。

③ととのえる。また、ととのう。」

(国)「①ワ。㋐やまと。日本。㋑接頭語。親愛の意を表す。

②なぎ。海上の風波のおだやかなさま。

③にぎ。接頭語。くわしい・やわらかい・ととのった意。」

「形声。口+禾。音符の禾は、會(会)に通じ、あうの意味。

人の声と声とが調和する、なごむの意味を表す。」

「田」

「①た。たはた。耕作地の総称。また、土地。②たがやす(耕)。③かり。また、狩りをする。」

(国)「た。たんぼ。水田。②特定の産物を出す土地。」

「現」

「①あらわれる。②あらわす。③今。まのあたり。」

(国)「うつつ。㋐物事が実際に存在していること。㋑死に対して、この世に生きていること。

㋒夢に対して、さめていて正気なこと。また、さめている時。㋓心がぼんやりしている状態。

うつらうつらとしている状態。(夢うつつから転じた誤用)」

「形声。王(玉)+見。音符の見は、みえるの意味。玉の光があらわれる。

一般にあらわれるの意味を表す。」

「金」

「①かね。㋐金属。金・銅・鉄などの鉱物の総称。㋑あかがね。銅。㋒鉄。くろがね。

㋓ぜに。おあし。通貨。②こがね。キン。くがね。貴金属の一種。

黄色の光を放つ金属元素で、貨幣・装飾品などの材料とされる。また、こがねいろ。

③かなもの。金属で作った器物。④五行の一つ。第四位。方位では西、季節では秋、

五音では商、五星では太白(金星)、干支では庚申にあてる。

⑤貨幣の単位。⑥かたい。また、堅固なもののたとえ。

⑦よい。美しい。たっとい。また、美しいもの、貴重な物事のたとえ。

⑧金属で作った楽器。また、その音。八音の一つ。」

「福」

「①さいわい。しあわせ。②しあわせを与える。③天のたすけ。神からさずかる助け。

④ひもろぎ。祭りのときに神に供える酒肉。祭りが終われば関係者に分け与える。」

「形声。ネ(示)+畐。音符の畐は、神にささげる酒のたるの象形。

神に酒をささげ、酒だるのように豊かに満ち足りてしあわせになることを祈るさまから、

さいわいの意味を表す。」

~漢語林より抜粋~

*********

男前の意味に近い英語のハンサムには、

「顔立ちの整った・男性的でりりしい・見事な・かなりの・大柄で堂々とした女性」

などの意味があります。

和田さんは、「大柄で堂々としている女性」に近いような気がします。

名前の意味では、「日本から美しい玉の光が現れる」というような意味になります。

そのリハーサル=予行演習・準備が、為されて行くというイメージです。