« 王(玉)+見 | メイン | 黒い川を修める »

2016年3月26日 (土)

天の差し示すもの

Imgp0028

~3月26日のメッセージ~

※夜空に、月と太陽と星が、ちょうど三角形になるように集まって来た。

そして、虹色に輝き始めた。

すると他の天体も、太陽にカメラを向けた時の様な光を放っていた。

※土間のテーブルに座り、

カレイかヒラメのような魚を、凍ったままタレに浸して食べている

竜雷太(長谷川龍男)さんのような人。

私はその人の右側にある畳の部屋から、少し右寄りに土間の方向を向いて座っていた。

         

竜さん●→□ 土間

________   

         ↑ 畳

         ●

         私   

すると「何を食べているか分かるか」と聞かれたので、

何かを考えていた。

※川沿いに歩いて何かの集会へと向かっていた。

親しい友人5人と食事会に参加していた。

小柄な70歳代ぐらいの男の先生の主宰。

**********

「虹」

「①にじ。日航が空中の水蒸気にあたって、光の分散現象を起こし、

太陽の反対方向の空に現れる七色のアーチ形のもの。昔は、竜の一種と考え、

雄を虹、雌を蜺といった。」

「形声。虫+工。虫は、へびの意味。工は、つらぬくの意味。

天空をつらぬくへび、にじの意味を表す。」

「竜」「龍」

(一)「①たつ。㋐想像上の動物。四霊の一つ。巨大なへびの形をしており、

全身うろこにおおわれ、角と鋭いつめを持ち、よく雲を呼び雨を降らせるといわれる。

㋑王者のたとえ。君。また、王者に関する物事の上につける語。

㋒豪傑。すぐれた人物・すぐれた事物のたとえ。㋓高さ八尺以上の馬。②大きい。

③めぐみ。いつくしみ。④やわらぐ。おだやか。⑤山脈がうねっているさま。⑥星の名。木星。

⑦竜鐘。竜盤。」

「雷」

「①かみなり。いかずち。②かみなりのような。㋐大声の形容。㋒はげしいさまの形容。

㋒はやいさまの形容。威厳のあるさまの形容。」

「形声。もと、雨+畾。音符の畾は、重なるの意味。

いなずまが直線を重ねたように走るさまから、かみなりの意味を表す。」

「太」

「①はなはだしい。はなはだ。非常に。②=大・泰。③長上に対する尊称として用いる。」

~漢語林より抜粋~

**********